×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

動物親子物語の解説

動物親子物語

動物写真家として半世紀近くを歩んできた作者による、動物たちの日常のほんのさりげない瞬間をとらえた作品集。
その写真は、常に優しいほほえみの交歓に充たされており、その情愛の世界は、いわば動物たちの「愛の絆」ともいうべき日常性を写し出します。
「親子愛」のモチーフこそが自然界の動物を見つめる作者の視座に不動の重みで据えられており、いわば動物家族の「ファミリーの肖像」ともいえるうるわしい物語を紡ぎ出します。
ボクはここにいる ボクはここにいる ボクがここにいるのは いるからだ ボクがここにいるからだ ボクはいればいいんだ ここにいればいいんだ ボクはいればいいんだ ここにいればいいんだったら――ラッコの「ぼのぼの」と森の仲間が繰り広げる、かわいくてちょっとヘンな日常。
ぼのぼのはいつも貝を持ってる。
ぼのぼのの皮はダブダブだけど、ぼのぼのにはシボウがないから、すぐ食べないと死んじゃうからだ。
ところが、割れちゃった貝を食べちゃったぼのぼのには、もう貝がない。
シマリスくんを追って、アライグマくんと湖に来たぼのぼのはついに困ったことに…!?シマリスくんには家族がいる。
シマリスくんの家にショーねえちゃんとダイねえちゃんが遊びにやって来た。
大きいおねえちゃん、ダイねえちゃんはきびしい。
小さいおねえちゃん、ショーねえちゃんはいじめる。
いじめられているシマリスくんのところへ、ぼのぼのが遊びにやってきた。
フェネックギツネくんは「うたうたい」になりたい。
シマリスくんも「うたうたい」になることにした。
でもみんなうたをきいてくれないので、フェネックギツネくんのおとうさんにきいてもらうことにした。
フェネックギツネくんのおとうさんは「踊りおどり」になりたかった。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60011723