×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アキハバラ@DEEP

社会からドロップアウトした5人のおたく青年と、コスプレ喫茶の超絶的美少女アイドル。
感覚が鋭くてアンバランスな彼らが裏秋葉原で出会ったとき、インターネットに革命を起こすeビジネスが生まれた。
6人の画期的なアイディアが、ネットの覇権を握ろうとする巨大資本デジキャピのオーナー社長の毒牙にかかる。
さあ、おたくの誇りをかけた聖なる戦いがはじまった! TVドラマ、映画の原作としても話題沸騰の、長篇青春電脳小説。
兼七は腕のよい雪駄職人だったが、酒が原因で問屋に見放された。
そんな酒浸りの父親が嫁入りの邪魔になると娘に泣きつかれた母。
夫はもう、常人にはもどれない。
けれど見捨てることができようか──夫婦、親子の愛情の機微を描く表題作。
岡場所に身を沈めた幼馴染と再会した商家の主人、5年ぶりにめぐりあった別れた夫婦、夜逃げした家族に置き去りにされた寝たきりの老婆……。
市井に生きる男女の哀歓を、鏤骨の文章で綴る珠玉の名品7篇による短篇集。
家族だからさびしい。
他人だからせつない──禁断の恋に悩む兄妹、他人の男ばかり好きになる末っ子、居場所を探す団塊世代の長兄と、いじめの過去から脱却できないその娘。
厳格な父は戦争の傷痕を抱いて──平凡な家庭像を保ちながらも、突然訪れる残酷な破綻。
性別、世代、価値観のちがう人間同士が、夜空の星々のようにそれぞれ瞬き、輝きながら「家」というひとつの舟に乗り、時の海を渡っていく。
愛とは、家族とはなにか。
03年直木賞受賞の、心ふるえる感動の物語。
藩主の用人にまで昇進した後、家督を譲って隠居した三屋清左衛門は、思いがけず寂しさを感じた。
しかしその日記にしるされる生活は、退屈でも平穏でもない。
自由な身ならでは、清左衛門はさまざまな相談をもちかけられる。
先代の殿が一度だけお手つきにした女の縁結び、お城の前で切腹した男の動機しらべなどに尽力するうち、藩のなまぐさい派閥争いに巻き込まれ、夫の浮気を訴えるわが娘をなだめ……老いゆく日々のかがやきを、見事な筆で描く傑作長篇小説!1985年、御巣鷹山で日航機が墜落。
その日、北関東新聞の古参記者・悠木は同僚の元クライマー・安西に誘われ、谷川岳に屹立する衝立岩に挑むはずだった。
未曾有の事故。
全権デスクを命じられ、約束を違えた悠木だが、ひとり出発したはずの安西はなぜか山と無関係の歓楽街で倒れ、意識が戻らない。
「下りるために登るんさ」という謎の言葉を残して――。
若き日、新聞記者として現場を取材した著者みずからの実体験を昇華しきった、感動あふれる壮大な長編小説。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60019732