×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

落語地名事典

江戸時代から今日に至るまで、笑いの芸術として私たちの生活を楽しませ、庶民的共感に支えられてきた落語も、社会的生活の変化の中で歴史と伝統をいかに継承するのか、様々の試みがなされている。
本書は、落語をより親しみ深く味わうために約500余篇の落語に登場する570余ヶ所の地名を地域ごとに分類、その由来、その地であった事件、居住の人物等に短い解説、逸話を付し、演題を添え収録した画期的事典であり、落語愛好家必読の書として編まれた。
普段はほとんど顔も合わせないけれど、時々ふっと隣の人の生活が気になる場所――それがマンション。
マンション“ハウス・リバーサイド”の201号室、202号室、203号室、そして204号室でそれぞれ繰り広げられる人間模様を描いた4連作品。
独立した話ながら、4話それぞれが少しずつ関わり合う。
浪人生の恋を描いた『ミットナイト・コール』も収録。
飼っていた小犬が死んだときも、卒業式や友人の結婚式のときも、ボーイフレンドと別れたときでさえも泣いたことがない女、貴音(たかね)。
ノンフィクションライターで、にっこり笑って人を斬る彼女は、妻殺しの疑惑がかかる俳優加賀英二の密着取材を敢行。
思いもよらなかった真実と彼女自身に出会うことになる…。
表題作をはじめとする全4編を収録。
アンティーク――。
それは触れる人を過去に引き戻す不思議な骨董品。
自分と同じイニシャルが刻まれた鞄を見つけた紅水子(くみこ)。
故郷の彼氏からロザリオをもらった朱子(あかね)。
ガラスの作品を夢中で集める眼科医環(たまき)。
押入れで父のオルゴールを見つけた琴子。
様々な品に秘められた想いが、人の心に微妙な彩りをつけてゆく…。
華道の家元、六波羅流に生まれた三人の姉妹、栄(さかえ)、光(ひかり)、重(かさね)。
彼女たちは自分の中の“花”を、そして女としての“華”を個性豊かに追い求める…。
恋と仕事、そして家族を大切にそれぞれの道を生きる三姉妹の成長を描いた表題作のほか、女好きの派手な男の一途な愛を描いた「ハートブレイカー」を収録。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60009385