×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カノンの詳細情報

カノン

自殺者がのこした音楽テープは遺言なのか、それとも怨念なのか。
曲を聴いた児童はひきつけを起こし、押入れのチェロはひとりでに弦をはじく。
送り主は松本の旧家で作曲をたしなみ、同人誌を発行する「高等遊民」。
気味の悪さにテープはうち捨てられるが、音楽だけ別のテープへと乗り移る。
死者の真意をさぐるために音楽教師の瑞穂は奔走、その途上、彼女自身が封印してきた過去があばかれることに……。
『女たちのジハード』で直木賞受賞の著者による異色ホラー長篇。
香港の社会に溶け込むことで、中堅企業の海外進出を成功させた経営者石井次郎。
さらにいち早く中国進出を果たすと、日本企業の中国進出を支援するテクノセンター(日技城)を設立して、日中の架け橋となるべく活動する。
その行動の源は、25歳の時に単身渡った欧州で学んだユダヤ商法と、デンマーク人から教えられた奉仕の精神にあった。
閉鎖的体質といわれる日本企業の国際化のあり方と、不況下で停滞する人材の育成方法を、一人の経営者の人生を通して示した必見の作品。
学校でハイキングにいった姥が岳で、僕と佐田先生はUFOに遭遇する。
そして、その夜が運命の夜だったのだ。
僕だけでなく、全人類すべての運命の夜だったのだ――。
墜落したUFOの調査隊は全滅。
UFOが墜落した場所には白いキノコが残されていて…!?僕と先生はやっと姥が岳から家に帰ってきた。
しかし、そこはなんと変わり果てていたことだろう…。
宇宙から、寄生植物のキノコがUFOと共にやってきたのだ。
キノコは人間や動物に寄生して、やがてキノコンガとなってしまう。
人類は宇宙キノコによって全滅するのだ…!!何かが僕をどんづる峰に引き寄せたのだ。
僕は見たのだ。
鬼の壁と呼ばれる岩の上に、宇宙人の残したメッセージを。
しかし、その文字は僕にしか見えない…。
果たして、この不思議な減少は、宇宙人からの通信なのか、少年だけに見える幻なのか…!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60008231