×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カムイ・ユーカラアイヌ・ラッ・クル伝

カムイ・ユーカラアイヌ・ラッ・クル伝

ミソサザイの神、クマの神ほか、さまざまな神々が、知恵と勇気が報われる話、ひとりよがりが懲らされる話、天と地の始まりの物語をうたう。
アイヌ文化の結晶。
釣りというのは、魚を釣ることもそうだが、風景を釣ることではないか。
直木賞作家の、風景の釣り師があざやかな竿さばきで描く、川釣りの風景と人生。
「釣りをするといっても、ただ獲物の多いのを喜ぶのではない。
自然を知り、自然の中に生きている自分を発見するのだ」。
直木賞作家が釣りと人生を語る。
二十数年にわたって淡水魚保護協会を主宰し、渓魚の保護啓蒙活動に取り組んできた著者。
河神のすむ川を求め、世界を舞台に果敢に行動する熱き渓流師の記録。
釣りとは魚と人間の〈対話〉であり、うまく対話できたとき必ず魚は釣れてくる釣人の聖書『釣魚大全』の翻訳を通してつかんだ“釣魚”という芸道を語る。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60006423