×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

夢みるトマト(1)

高原とまとは両親の離婚を機に、いとこの玉吾と菜ちゃんと死んだ祖母が住んでいたボロボロの一軒家で暮すことになった。
とまととふたりきりの生活を夢みていた玉吾は、とまとが菜ちゃんばかり頼りにしているので菜ちゃんの存在が気に入らない。
引っ越した当日、寝ている玉吾のもとに死んだ祖母が現れ、とまとは病気だから守ってやれと言われる。
とまとは性的なものに対して異常な抵抗感を持っていて……!?菜ちゃんは子どものころから玉吾のことが好きだったという。
とまともそのことに気がついていたらしい。
しかし、玉吾には果淋という彼女がいて全くその気はない。
そんなとき、玉吾は果淋とホテルに行こうと歩いているときに偶然菜ちゃんと会ってしまう。
そして、ひょんなことから菜ちゃんとホテルでふたりきりになってしまった玉吾は……!?お互いの治療のため、菜ちゃんととまとは関係を結ぼうと決心する。
しかし、風呂上りにとまとが間違って玉吾の布団に入ってきてしまい、未遂に終わる。
ところが、菜ちゃんと結ばれたと思い込んだとまとは、菜ちゃんの子どもを妊娠したと言い、菜ちゃんは玉吾の子どもなら自分が育てると言う。
そんなとき、とまとの妹の苺がやってきて……!?高熱のせいで発作が悪化してしまったとまととホテルに入った玉吾。
そこでとまとの過去のトラウマをきいた玉吾は、とまとのことが好きな自分に気がつく。
そして、歌手になる夢を持っているとまとは、芸能スクールに入学する契約を結ぶが、そこは以前からとまとに目をつけていた生麦がいる芸能プロダクションで……!?ある暴風の夜、停電になった家でヒミツの屋根裏への入り口を見つけたとまとは、コンプレックスをなくそうと玉吾と菜ちゃんにふたり一緒でいいから抱いてくれと頼む。
しかし、とまとは玉吾と菜ちゃんのキスシーンを見て気を失ってしまう。
菜ちゃんのキスに感じてしまった玉吾は、菜ちゃんに抱かれる決意をするが……!?続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60019502