×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

半蔵の門(17)

半蔵は甲斐潜入のため、近江の針売り「長助」に化けた。
渾身の変化の術で、武田忍びの頭領?郎左付きの家人として潜り込むことに成功した半蔵は、信玄を倒せるのか!?信玄を討った半蔵は、太郎左を連れて岡崎へと戻るが、二人の間にはわだかまりが残っていた。
そんな中、信玄の後を継いだ勝頼は遺言に反し、家康に刺客を差し向けていた!家康と築山の子、信康は実は家康の子ではなく、今川氏真の忘れ形見だった!そこに目を付けた当麻猿翁は、勝頼を巻き込み、家康、半蔵に一矢報いようと策をめぐらせる。
とうとう武田を打ち破った家康だったが、喜びも束の間、本能寺で光秀が謀反を起こし、信長を倒したという悲報が飛び込んで来た。
時代劇大作「半蔵の門」ついに最終巻!!とある商店街の庶民的なレストラン「くいしん坊」。
跡とり息子の香介は中学生ながら、奇抜なアイデアと工夫で大人顔負けの“ビックリ”料理をつくりだす。
当然、毎回繰り広げられるのは、ベテラン料理人たちとの勝負だ!続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005825