×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



幽霊塔

長崎県の片山里に建つ寂れた西洋館には、幽霊が出ると噂される時計塔が聳えている。
このいわくつきの場所を買い取った叔父の名代で館を訪れた北川光雄は、神秘のベールをまとった世にも美しい女人に出逢い、虜になっていくのだったが……。
埋蔵金伝説の塔と妖かしの美女を巡る謎また謎。
手に汗握る波乱万丈の翻案大ロマン。
挿絵・伊東顕風車とチューリップの国オランダ、その片隅で神秘の花、黒いチューリップの創造に没頭する青年コルネリウスは、陰謀にまきこまれていまは断頭台へひかれていく運命にあった。
風雲急を告げるオランダ戦争前夜の史実を背景に、大自然の摂理と妙と地上の血なまぐさい係争をめぐって展開する、大デュマ会心の恋と戦乱の雄渾なる一大叙事詩!ホームズの爆発的なヒットに触発されて登場したライヴァルたち。
本書は、科学捜査を推理小説に導入した、ソーンダイク博士の活躍を描く傑作集。
倒叙推理の名作を中心に、「計画殺人事件」「歌う白骨」「おちぶれた紳士のロマンス」「前科者」「青いスパンコール」「モアブ語の暗号」「アルミニウムの短剣」「砂丘の秘密」の傑作短編全八編を収録。
前集に引きつづきソーンダイク博士の活躍する、倒叙ものと謎解きもの。
法医学探偵の面目を伝える秀作群。
「パーシヴァル・ブランドの替玉」「消えた金融業者」「ポンティング氏のアリバイ」「パンドラの箱」「フィリス・アネズリーの受難」「バラバラ死体は語る」「青い甲虫」「焼死体の謎」「ニュージャージー・スフィンクス」の粒より九編を収録。
内部から完全に密閉された<黄色い部屋>の中から令嬢の悲鳴が聞こえ、救援にかけつけた一同がドアをこわしてとび込んだ時、血の海の中には令嬢が倒れていた。
犯人の姿はどこにも見あたらなかった。
密室犯罪と意外な犯人の二大トリックを有する本編は、数少ないフランス本格派を代表する傑作であり、世界ベスト・テンで上位を占める名作。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000717